0
¥0

現在カート内に商品はございません。

注意点


bpc
bpc
~BPCの手作りごはんをご注文いただく前に~

届いたごはんをすぐに保存できるようご注文前に冷凍庫のスペースの確保をお願いします。

~保存方法/与え方~

前日の夜、翌日分のごはんの袋を冷蔵庫に移して解凍してください。

翌朝、冷蔵庫から出したごはんを袋のまま湯煎し人肌に冷ましてから与えてください。

わんちゃんには冷たいものも熱いものも良くありません。

お湯をコップ一杯加えて冷ましさらにスープたっぷりで与える方法もおすすめです。

※栄養素を残していただくため電子レンジでの加熱はできるだけ避けてください。

未開封で冷凍庫で(−18℃以下)保存していただいた場合消費期限は3週間です。

当社の商品は無投薬肉を使用し、保存料も加えてないため消費期限が短いことをご理解いただき、解凍後は密封容器に移し冷蔵庫で保存し、その日のうちにご利用ください。

~わんちゃんの排出物の変化~
【おしっこの変化】

摂取する水分量が増えるため、おしっこの量は増加します。

色は薄くなりニオイもだんだん軽減されます。

※尿検査をすると『尿比重が低い』と言われますが手作りごはんをはじめたことによる身体の自然な変化で全く問題ありません。

【うんちの変化】

はじめてごはんを切り替えていく数日間は食事の変化にうんちがゆるくなったり(つかめる程度であれば問題ありません)吐き戻しをする可能性がありますがだんだんと胃腸が新しいごはんに適応し改善されていきます。

またBPCの手作りごはんはドッグフードからのスムーズな移行を考慮し消化しやすいよう具材をかなり細かくカットしてお作りしていますがお野菜がそのままうんちの中に出てきてしまうことがあります。

健康上問題はありませんのでご安心ください。

~好転反応について~

摂取する水分が増え、わんちゃんの身体の中でデトックスが進む過程で一時的にいわゆる好転反応といわれる症状(皮膚の赤みやかゆみ・涙や目やにの増加)が見られることがあります。

その場合もあせらず様子を見てください。

わんちゃんの身体が毒素や老廃物など悪いものを出そうと頑張っている良い兆候で、改善されはじめている証拠です。

好転反応は一時的なものですので、できる限り2ヶ月以上は手作りごはんを継続してみてください。

わんちゃんの体質の改善とともにきっと良い変化が見えてきます。

※上記以外の症状や、ひどい下痢が続くなど、著しく体調を崩した場合はすぐに中止し、かかりつけの獣医師の先生にご相談ください。

~食べてくれないときは...?~

デリケートなわんちゃんはごはんの変化や慣れないにおいに戸惑ってはじめはBPCの手作りごはんを食べてくれないことがよくあります。

おなかをびっくりさせないためにもはじめは必ず今までのフードと混ぜて与えましょう。

興味をそそるトッピングなどの工夫や飼い主さんが手で与えるなどして安心させてあげてください。

ページトップへ